フロアコーティングとワックスの違い|時間と費用が短縮できるのは?

ワックスとの違いは?

床

ワックスがけとは

フローリングは定期的にお手入れをする必要があります。それがワックスがけなのです。基本としては半年に一度くらいの間隔でワックスをかけていきます。

手間を軽減

フロアコーティングを導入することで、定期的にワックスをかけるというお手入れをする必要がなくなります。しかし、ワックスとフロアコーティングは同じものではないことを理解しておきましょう。

違いは大きい

まず、フロアコーティングの特徴としてはコーティングの厚みがあり、耐久性は10年程度長持ちします。ツヤは長期的に持続しますし、滑りにくい、お手入れをしなくて良いということが挙げられます。ワックスの特徴はコーティングの厚みが薄く、耐久性は半年程度続きます。ツヤがすぐに無くなることや滑りやすく、定期的にワックスをかけ直すといったデメリットが挙げられます。

安全性の違い

フロアコーティングはその成分の安全性も高いと言えます。スチレンや亜鉛といった危険な成分は使われておらず、赤ちゃんやペットがいる場合にはフロアコーティングがおすすめです。

費用が違う

フロアコーティングの施工は高額になることが多いので、ワックスがけと比べて費用に大きな差が生じるといえます。しかし、長期的に考えるとフロアコーティングは一度施工してしまえば10年以上長持ちしますので、費用をおさえることにもなります。

フロアコーティングは画期的!

今までワックスがけをしてきた方にとってフロアコーティングは非常に画期的なのではないでしょうか。フロアコーティングの施工を行ったことが無い方も、一度検討されてみてはいかがでしょうか。

広告募集中